死亡保障について

収入保障保険について

家族の生活を支える保険について解説します。

まずはおさらい

以前の私の担当回で生命保険(死亡保険)には定期保険・養老保険・終身保険という3つの基本型があるということをお伝えしました。

 

その一つ、「定期保険」とは…

 ①保障期間…一定の期間

 ②解約返戻金…基本的に無し(あってもごくわずか)

 ③満期保険金…無し

の、一定期間内を保障する保険です。割安な保険料で大きめの保障額を確保できる、いわゆる「掛け捨て」型の保険です。

 

用途としては残された家族の生活資金や、万一時のお子さんの教育資金などが考えられます。

 

家族に必要な保険金額は?

次に、残された家族に必要な保険金額を考えてみましょう。

色々な計算方法がありますが、例えばAさん(40歳男性)で…

 

・末子が大学を卒業するまであと20年

・Aさんの月収20万円+妻の月収15万円=家計収入35万円

・Aさんが亡くなった場合の遺族年金月額約10万円

 

とすると…

 

 家計収入35万円-(妻月収15万円+遺族年金月額10万円)

 =10万円(毎月の不足額)

 

 10万円×12か月×20年=2.400万円

が必要な保険金額となります。

 

一般的な「箱型」定期保険だと…

では実際にこの保険を試算してみると…

 

 保険期間60歳/保険料払込期間60歳

 保険金額 2.400万円

 月払保険料 8.664円(※オリックス生命「ファインセーブ」の事例)

 

となります。この事例ではAさんが60歳になるまでの間、いつ亡くなっても2.400万円の死亡保険金が受け取れます。

 

でも毎月8.664円の保険料、もう少し安くならないのでしょうか?

 

収入保障保険という選択肢

前述の必要な保険金額の計算で総額は2.400万円ではあるものの、毎月不足する(必要となる)金額自体は10万円であるという結果が出ていましたよね?

ではAさん60歳までの20年間、毎月10万円を受け取れる定期保険があったらどうでしょうか?

これも試算してみると…

 

 保険期間60歳/保険料払込期間60歳

 保険金額 月額10万円

 月払保険料 2.950円(※オリックス生命「Keep」の事例)

 

となり何と▲5.714円/月も保険料の節約が可能になります。

これを図で表すと…

このような形になります。

 

当初は総額で2.400万円が必要でも、必要保険金額は毎月10万円ずつ減っていくので5年経てば必要総額は1.800万円に、10年経てば必要総額は1.200万円になります。

 

これが「収入保障保険」です。

いかがですか?これなら20年間常時2.400万円を保障しなければならない箱型の定期保険より、少ない保険料で保障を準備できることがおわかり頂けるかと思います。

まとめ

生命保険を考えるには、先ず家族にとって必要な保障を導き出すという作業が必要です。

このプロセスを省略すると、根拠の無い保険金額や保険期間の保険に加入してしまうかも知れません。また、保険には様々な形態があるということを知っているだけで、よりコストパフォーマンスに優れた保険商品を選ぶことも可能になってきます。

 

ご家族にとって必要な保障とは何か?ということを親身になって考えてもらえる担当者に相談し、よりよい保険商品に巡り合いましょう!

西川 智
地元の皆様に価値ある保険を提供し、ご家族が安心して暮らしていけるようお手伝いさせていただきます。 また、ハウスメーカーでの営業経験から住宅取得のためのライフプランや保険を含めた家計の見直し等もできますのでぜひご相談ください!
記事一覧を見る