HOME > 個人のお客様

個人のお客様

お客様の目標(GOAL)や目的は何ですか?

生命保険や資産運用商品は、自分や家族が必要十分な保障を得るために加入するものです。年齢、職業、家族構成、人生設計、資産や年収などは人それぞれ違います。当然、生命保険や資産運用商品プランにはこれらの要素が全て考慮されるべきです。生命保険や資産運用商品は本来オーダーメイドでなければ意味がありません。

そのために当社では、お客様とご家族の一生涯にわたるライフプランをお聞かせいただき、お客様にふさわしい、ムリ・ムダの無いそれぞれの個別のニーズに合った保障プランを設計します。また、就職、ご結婚、ご出産などの人生の転機に際し、お客様のニーズに変化がおきた時には、保障プランの見直しをいたします。

中島保険事務所では、皆様それぞれのGOAL達成にむけ、最高の商品群と最良のサービスで保険金をお支払いするまでの一生涯にわたってお客様をサポートいたします。

保険の見直し・ご相談窓口!保険クリニック

4つのこだわり

  • 来店型なので、お好きな日時を選んでご相談いただけます。
  • 加入中の保険を理解したうえで、納得の見直しができます。
  • 保険に入った後のアフターケアーまで、一括でお任せいただけます。
  • お客様の立場に立って保険の専門家があなたに最適な保険をご提案します。

生命保険の見直しについて

どうして、生命保険は見直しが必要なのでしょうか?
極めて重要なポイントを3つご紹介いたします。

  1. 現在と約40年前(1975年)とはお金の価値が全く違うのです!!
  2. 技術の進歩や時代のニーズにあわせて、新商品が登場します!!
  3. 生活スタイルが変化すれば必要なモノも変わります。

1. 2012年と約40年前(1975年)とはお金の価値が全く違うのです!!

2012年(平成24年)と1975年(昭和50年)のモノの値段を比べてみました。なんと、こんなにもお金の価値が違うのです!! (2012年当社調べ)

品目 1975年(40年前) 2012年
都バス 70円 200円
タバコ(セブンスター) 150円 440円
タクシー初乗り料金 280円 660円
かけそば 150円 400円
生ビール 200円 500円
富山県産コシヒカリ(10kg) 約2,500円 約5,000円
雑誌(週刊朝日) 150円 350円

上記の表を参考にしていただくとおりインフレ(物価上昇)により、物の値段が40年前と現在とではこんなにも違います。因みに、40年前のこの年には「ぺヤングソースやきそば」「シーチキン」「きのこの山」などが販売された年だそうです。

都バスで考えてみると、現在の1万円は40年前の 約2万8,500円に相当します。つまり、40年前の1万円は現在の半分以下の価値しかないということです。

これが、インフレリスクです。(※下記参照)

今後何十年と加入する生命保険、20年前、30年前の保障額のままで、現在の備えに十分ですか?

インフレーション(inflation)は、物価が持続的に上昇する経済現象。

インフレとも呼ぶ。英語で「膨張」の意味。

経済全体で見た需要と供給のバランスが崩れた場合、すなわち総需要が総供給を上回った場合に発生する。物価の上昇は貨幣の価値の低下を同時に意味する。基本的には好況の場合に発生する。商品が大量に売れて品不足となり物価が上がる。

賃金も物価の上昇に伴って上昇するが、物価に比べると調整に遅れをとるため、結果的に生活が苦しくなることが多い。

「日本のインフレ」

1955年からは高度経済成長が始まりインフレが進む。
1973年~74年および1979年の2回にわたるオイルショックでは一時的に急激なインフレが発生した。
バブル経済が終焉を迎えた1992年からはインフレ傾向が弱くなり、1999年以降デフレーションに入った。

2. 技術の進歩や時代のニーズにあわせて、新商品が登場します!!

例えば、テレビや携帯電話などの電化製品。 約30年前を考えると、昔とは考えられないくらい進歩しています。

【携帯電話】
品目 1985年(30年前) 2012年
重量 約3000g(3kg) 約138g
連続待受時間 約8時間 約460時間
主な機能 メモリダイヤル約20件
リダイヤル機能1件
メール・カメラ・ゲーム・GPSなど

(参考:docomo SH-01C)

それでは、生命保険の場合はどうでしょうか?

やはり、時代のニーズによって様々な特約や商品が販売されました。

  • 医療保険では、給付金が支払われるのに「日帰り入院」や「1泊2日入院」でも対象になりました。(2000年頃から。数年前の単品の医療保険では例えば8日以上入院しないと給付金の対象にならない商品もありました。)
  • ガン保険は、死亡保険金が大きい保障でしたが、現在は診断給付金の保障が大きいものが主流です。
    (ガンは早期発見ですと、治る確率が高くなってきており生きるリスクに備えるため)

お客様の目的やニーズにあわせて、最新の保障内容や機能が追加されています。
今の保険は、あなたの目的やニーズにあっていますか?

3. 生活スタイルが変化すれば必要なモノも変わります。

就職・結婚・引越・転職・出産...生活スタイルが変化すれば、必要なモノも変わります。

社会人になったばかりのときを考えてみてください。結婚して子供ができた現在とでは毎日の生活スタイルや必要なモノが全く違います。保険も同じ考えで、必要な保障額や保障内容は生活スタイルが変化すれば異なるのです。

テレビや携帯電話、自動車は買い替えるのに、生命保険はそのままではないですか?
生命保険はマンションや家に次ぐ大きな買い物であります。常に目的やニーズにあわせて最適なものにするためには、機会を見て見直しを行うことが重要です。

それでは具体的に「生命保険のラインナップ」を見てみましょう。

テレビCM

テレビCM

無料相談・資料請求

無料相談お申込みされた方にプレゼント

富山・石川県のみなさまの声

お客様の声

ご家族インタビュー

弊社を選んでいただいた理由
スタッフ日記
携帯サイト
保険クリニック
主張発表大会

保険クリニック 富山店

  • 保険クリニック 富山店

〒939-8215
富山県富山市掛尾栄町4-60
BNKビル2-1階
フリーダイヤル.0120-76-3704
(なろー みなおし)
10:00~19:00
※土・日 10:00~17:00
休日 水・祝日・年末年始・お盆

保険クリニック イオンかほく店

  • 保険クリニック イオンかほく店

〒929-1126
石川県かほく市内日角タ25
イオンモールかほく2階
フリーダイヤル.0120-37-1919
(みんな いくいく)
10:00~20:00
休日 年始

保険クリニック クロスランドおやべ店

  • 保険クリニック クロスランドおやべ店

〒932-0825
富山県小矢部市島295-1

フリーダイヤル.0120-33-1717
(みなさん いいないいな)
9:00~17:30
休日
土・日・祝日・年末年始・お盆

株式会社中島保険事務所 本社

  • 株式会社中島保険事務所 本社

〒932-0825
富山県小矢部市島295-1

TEL.0766-67-4856
FAX.0766-67-6525
9:00~17:30
休日
土・日・祝日・年末年始・お盆