創業1978年から続く保険総合代理店。知識と経験豊富なライフプランナーがご対応します。

定期的な保険の見直しは
大切なものです
主なポイントは3つあります!
01
保障の最適化
Optimization
ライフプランの変化
ご結婚やお子さんの誕生、就職や転職などは家計の状況が大きく変化しますので、現在ご加入中の生命保険の内容確認が必要です。実態と違うと万一の場合カバーされず、取り返しのつかないことになってしまいます。
02
商品の進化
Evolution
新商品が続々登場!
生命保険の商品は医療技術の進歩や消費者ニーズの変化によって進化していきます。これにより昔加入された保険商品では、現在の医療費や最先端の医療技術など補償でカバーできない場合がありますので注意が必要です。
03
節 約
Saving
同条件でも
保険料が下がることも
保険商品の保険料は様々な要因で決まりますが、定期的にデータを基に見直しされます。例えば日本人の平均寿命は年々延びていますが、これも保険料を決める要素の一つです。死亡リスクが下がれば保険料も安くなりますので、保険を見直しすると内容が同じでも節約につながるかもしれません。
まずは無料相談
ライフスタイルに合わせて様々な形に変化します
保険の見直し
例えばどんなケースがあるの?
保険の
例えば

保障の最適化編

独身だった時に加入した生命保険だけど、
現在は結婚して子供もいる状態
死亡保障や入院保障が十分足りてない可能性あります。
この場合、万一の際に残された大切なご家族を守れないかもしれません。
ライフプランに合わせて内容を見直ししましょう!
保険の
例えば

保障の最適化編

今までサラリーマンだったけど、
独立して自営業になったケース
社会保険制度は会社員と自営業者では異なる点がいくつかあります。
また企業にお勤めの場合は、会社の福利厚生制度も充実している可能性があります。
転職などで職場環境が変わった場合は、やはり加入されている保険内容を確認し、適切に見直しする必要があります。
保険の
例えば

商品の進化編

ガン治療は以前の入院必須から様々な治療方法に変化
ガンは国民の2人に1人は罹患する病気といわれています。
以前は死亡率も高く治療は長期入院のケースも多かったようですが、近年では医療技術の発展により、様々な治療方法が行われるようになりました。
ガン保険もそれに応じて内容は変化してきていますので、昔ご加入された方は、内容を見直しする必要があるかもしれません。
保険の
例えば

商品の進化編

病気によってはデータが揃えばリスクも軽減される
通常、生命保険は健康な方を基準として商品が成り立っています。
そのため病気で治療中だったり以前治療された経験がある、また健康診断などの数値が規定値より高めだったりすると、加入時に割増保険料になったり不担保などの条件が付いたり引受できない場合もあります。
ただ保険会社も独自でデータなどを収集しており、病気や健康診断の数値などは以前から改善されているものも多くあります。条件付きでご契約されている方は、ある程度年数が経っていれば再度確認してみてはいかがでしょうか。
保険の
例えば

節約編

以前吸っていたタバコをやめた
死亡保障の商品によって、血圧やBMI・タバコの喫煙状況など、一定の基準をクリアすれば通常よりも保険料が安くなるものがあります。
加入した時はタバコを吸っていたが、数年前から禁煙しておられる方などは、保険の見直しによって保険料が節約できる可能性があります。
また今後タバコはやめようと思っている方もお得になる保険商品がありますので、一度相談してみる価値はあると思います!
保険の
例えば

節約編

標準生命表の改定によって保険料が変化
日本人の平均寿命は以前と比べると長くなっています。
言い換えると死亡リスクも変わってきているという事です。最近では日本アクチュアリー協会で算定している「標準生命表」が改定になり、死亡リスクが影響する商品の保険料が安くなったものもあります。
内容が変わらないのに見直しするだけで保険料の節約につながるかもしれません。
ご加入中の保険を見直したい方はもちろん、保障内容など確認したい方はまずご相談下さい。
他社で加入中の保険内容をわかりやすくご説明の上、最適かどうか判断します。
相談のみでも無料ですので、お気軽にご連絡いただければと思います。
他社で加入の保険でもOK
お気軽にお電話ください

【お電話でのご相談予約・お問い合わせは】

0120-33-1717
対応時間土日祝除く 10:00 〜 17:30
相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください!
相談は
いつでも無料