疾病

夏になると「高血圧」のリスクが高まる。

今年も熱中症で倒れたというニュースをよく耳にしますが、それ以外にも夏に注意したい病気はたくさんあります。「脳梗塞」や「心筋梗塞」です。

夏に脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすいワケ

カラダの中の水分が不足すると、血液が粘りやすくなり流れにくくなります。

その結果、血液の塊(血栓)ができて血管を詰めてしまったり、動脈硬化が進んだ細い血管が詰まったりします。このことが夏に脳梗塞や心筋梗塞が増える原因です。

高血圧は夏場に注意!

夏は血管が開くので高血圧の人も、いつもより低めの血圧値がでることがあります。

しかし、熱いところから急にエアコンで冷え過ぎた部屋に入ると、血管が収縮して心筋梗塞の原因になることがあります。

また、血圧の薬を飲んでいる人の場合、薬で血管が開いているところに、暑さによるストレスや脱水が加わることで、立ちくらみを起こすことがあります。

長時間炎天下にいることを避け、室内は冷やしすぎず適温に保ち、温度変化によるカラダのストレスを少なくしましょう。そして、水分補給もこまめに行うことが大切です。

高血圧の改善ポイント

①【減 塩】日本人の食塩摂取量は平均で約11g。減塩目標は6g未満です。一般的にインスタント食品は塩分が多いので要注意です。

②【野菜を多く摂る】野菜・果物に多く含むカリウムは塩分排出効果があります。

③【運動習慣】30分程度のウォーキングや軽い有酸素運動でも効果が期待できます。

④【節 酒】 多量飲酒の人は高血圧が多い。一般には日本酒にして1日2~3合が適量です。

⑤【禁 煙】喫煙は一時的に血圧を上げ動脈硬化を促進します。

⑥【ストレス解消】ストレスは血圧を上げる要因となります。

まとめ

今年の夏は殺人的な暑さです。日中の外出に注意し、水分補給をこまめに摂り改善ポイントを参考にして健康管理を行いましょう。

片岸登
保険って、「わかりにくい」・「めんどくさい」とよく言われますが、病気・ケガ・事故の際、生活の基盤を崩さない為にも必要な身近なものだと思います。 お客様にその様なお話がお伝えできる様、心掛けていきたいと思います。
記事一覧を見る