未分類

今すぐに保険加入を検討してもらいたい3つの理由

保険のこと、そろそろ考えようかな?まだ先でもいいかな?と思っている方が今すぐ保険を検討したい!と思っていただけたら幸いです。

1. 加入時の年齢が若ければ若いほどお得なんです!

20代の人と70代の人。一般的にどちらが病気や死亡のリスクが低いのはどちらだと思いますか?
大半の方が20代の人の方が病気や死亡するリスクは低いと考えますよね。この考え方は保険会社も同じで、リスクの低い人ほど月々の保険料も支払い総額もお安くなります!

 

2. 一度病気してしまうと、加入したい商品に加入できないことも。

保険に加入する際に避けては通れない告知(査定)ですが、この告知項目に該当すると(査定に引っかかると)、加入ができなかったり、この部位に関しては○年間保障の対象外になってしまったり、割増で保険料を支払う必要がでてくるなどの条件付での加入しかできなくなってしまうこともあります。
また、テレビのコマーシャルなどで見る”持病をお持ちの方向けの保険”は緩和型の保険といわれています。加入はしやすいですが(それでも告知は必要です!)、通常の保険商品に比べて保険料は割高ですし、選べるオプションの幅も狭くなります。
保険の検討は来月でいいかな?なんて思っているうちに骨折したり病気になってしまうと、いざ保険加入しようと思ったときには保障の対象にならない部位と期間ができてしまったり、緩和型の商品にしか加入できないなんてことも有り得ます。

 

余談ですが、予防接種の問診票の家族のアレルギーの有無の確認のように家族の病歴を問われることは現状ございません。ご家族の方に遺伝しやすいとされる疾患をお持ちの方がいる場合でも告知項目に該当しなければ、ご希望に沿った商品にご加入していただける可能性が高いです。

3.商品改訂がかならずしも良い方向に転ぶとは限りません!

時代に合わせた商品の提供を。ということで新商品がどんどん登場しています。確かに、時代にマッチした保障内容の新商品も登場していますが、保障内容が良くなった分保険料が大幅に上がったり、そもそも商品改定があったために商品内容が悪くなっているケースもあったりします。新商品を待つのは良い場合に転ぶ場合もあれば悪い方向に転ぶ場合もあるので要注意です。

まとめ

思い立ったが吉日。という言葉もあるように、

  1. 1歳でも若いうちに
  2. 健康なうちに
  3. "新商品"という言葉に流されすぎず

今すぐ保険加入の検討を始めていただけたらと思います。

私たち中島保険事務所のスタッフは新商品だからといってお客様に紹介させていただいているのではなく、お客様にとってもっとも良いものを紹介させていただいています。

 

お気軽にお問い合わせくださいね^^