生命保険

外貨建て保険について

外貨建て保険の特徴や税金について簡単にご説明します

外貨建て保険とは

外貨建て保険とは、払い込んだ保険料が外貨で運用される保険商品のことを指します。主に米ドルや豪ドル、ユーロなどの外貨が多く、保険金や解約返戻金なども原則外貨で受け取りですが、もちろん円での受け取りも可能です。

外貨建て保険のメリット・デメリット

外貨建て保険のメリットは、海外の金利で運用されるため、現在の円建て保険よりも高い予定利率で運用される場合が多いです。よって、死亡補償の費用対効果が大きい他、資産運用も円建て保険に比べると有利になるものが多いです。また資産のリスク分散にもつながりますので、資産の安定にも効果があります。
 

デメリットとしては、保険金や解約返戻金を円で受け取りの際は為替相場によって変動することが挙げられます。よって、特に円高傾向の際は注意が必要です。

外貨建て保険の税金について

外貨建て保険の税金についてですが、基本的に円建て保険を同じになります。

保険金受け取り時

満期金受け取り時

その他

解約返戻金として受け取った場合は、払い込んだ保険料の合計額を解約返戻金が上回った場合、その差益について所得税(一時所得)と住民税の課税対象となります。

また生命保険料控除についても円建て保険と同様に受ける事が可能です。

 

詳細については、ご加入の保険会社や保険代理店にご確認することをおすすめします。

塚田友弘
私の一番の願いはお客様に幸せな人生を送っていただくことです!そのなかで欠かすことのできない保険を通じて、皆様の一生涯のパートナーになれるよう努力していきます。保険に関する事はもちろんですが、その他、悩み・疑問など些細なことでも結構ですので、お気軽にお声掛け下さい。
記事一覧を見る