生命保険

家族登録制度

よりスムーズに生命保険契約を活用いただいたり、給付金を受取りいただくために家族登録制度をお勧めします。

家族登録制度とは

保険契約者が自分の家族の情報、連絡先を生命保険会社に登録しておく制度です。

主な目的としては大災害後などで保険会社から契約者に連絡が取れない時に備えたり、病気やケガ等で本人が困難な場合でも事前に登録された家族であれば契約内容の照会や書類の取り寄せなど行うことが可能になります。

家族登録のされていない家族からの連絡には

例えば高齢の親(契約者)の代わりに同居の実子が契約内容等の問い合わせをされても契約者本人以外には回答が得られずサービスの活用やスムーズな給付金受取りの妨げになる場合もあります。

登録可能な家族の範囲は

3親等以内としている保険会社が多いようです。登録可能な家族の人数は一人の会社もあれば複数人可能な会社もあり契約保険会社により規定が異なる部分もあります。

家族で共有していると

ご自身の都合により、知っておくべき連絡事項が届かなかったり受け取れる給付金の請求が漏れたりといったことは是非避けたいです。家族登録制度をおすすめします。

また給付金等の代理請求には別に「給付金代理請求特約」が付加されている必要がありますので併せてご確認をおすすめします。

佐賀誠司
20代前半より地域に根付き、保険業務を通じて地域の皆様に貢献することを自分の使命として活動してきました。今後も対面でのコンサルティングサービスを通じ、お客様の不安や疑問を安心と納得に変える活動をしていきます。
記事一覧を見る